富士の響き(天然水)

TOP > 選べる天然水 > 富士の響き(天然水)

富士の響き(天然水)

富士の響き(天然水)

世界遺産の富士山が産み出すバナジウム含有天然水!

「富士の響き」は、その名が示す通り、日本の象徴として海外でも認知度の高い富士山(標高3776m)を母とする天然水。現在も活動が活発な活火山でもあ る富士山は過去幾度と噴火を繰り返し、このため周辺は幾重にも層をなすバサルト(玄武岩)層となっています。日本アルプスを抜けて富士山にぶつかる雨や水 分はこのバサルト(玄武岩)層に浸透し、年月をかけてろ過され、さらにバサルト層に多く含まれるバナジウムが溶け込まれます。この富士山が創る宝ともいえ る天然水、それが「富士の響き」なのです。

採水地について

静岡県御殿場市は富士山麓に位置し、気候は冷涼多雨で湿度が高く霧が発生することも多い。冬は静岡県のなかでは寒さが厳しく雪が降ることが多い一方、夏は涼しく避暑地としての人気も高い。なだらかに傾斜した土地は主に水田などに利用され、のどかな景観をつくっている。

ミネラル成分 ( 100mlあたり )

弱アルカリ性のお水

pHとは水素イオンの濃度のことで、酸性やアルカリ性をはかる単位です。 pH7.0が中性でこれより高いとアルカリ性、低いと酸性になります。人間の体の60%以上は水でできていて弱アルカリ性です。水は食べ物との化学反応を 起こし栄養となり、体の隅々まで栄養を運び不要なものは排出する働きをします。「富士の響き」はpH7.7の弱アルカリ性で、人間の体液にとても近い弱ア ルカリ性です。毎日の食事では摂取のむずかしいバナジウムも含まれていますので健康と美容のサポートにお役立てください。

和食文化には欠かせない軟水のお水

硬度は1リットル当りのカルシウムとマグネシウムの含有率で、炭酸カルシウム量に換算して算出されます。水の硬度には軟水と硬水とあり、単位はmgです。 100mg以下ならば軟水、100mg以上であるならば硬水となります。日本の水は一般的に昔から軟水が多いを言われております。つまり我々日本人は昔か ら軟水に親しみ、利用し生活を営んできました。食についても、軟水によって引き出される料理など古くからの知恵があります。独特の和食文化には軟水が欠か せません。富士の銘水「富士の響き」は硬度53で軟水に分類されます。料理の旨み成分をしっかりと引き出し本来の美味しさを味わうことができます。

バナジウム6.1μg/100ml含有

バナジウムという名前は、1830年セフストレームが発見し、スカンジナビア神話の美と豊穣の女神「Vanadis」に由来します。地中 や海水中に含まれていて、日本では富士山麓の黒褐色の火成岩で玄武岩(噴火したマグマが瞬間的に固まった岩のこと)に多く含まれています。バナジウムは、 人体には少量しか含まれず、また体内で作ることもできません。

「富士の響き」は100ミリリットルあたり、このバナジウムを6.1μg含有。

お申し込み

選べる天然水

富士の響き
日田の誉
古都の天然水

コスモウォーター新規お申し込み

コスモウォーター新規お申し込み
水質検査のご報告
最新キャンペーン情報
選べる天然水
選べるウォーターサーバー
各種資料ダウンロード
お水の追加・変更